サイトマップ

Copyright2005-2014 (C) Internet Link for Ethics of Law

top>過去の情報>過去の更新履歴

・愛知法曹倫理研会の

沿革

・研究内容紹介

・メンバ紹介

過去の更新履歴

・過去のおしらせ

・日本語文献

・外国語文献

-過去のおしらせ-

>> 2006/9/30
Wendel教授講演会のお知らせ

「アメリカ法曹倫理学の現在―その概観と分析」
The Key Issues of Legal Ethics in the United States:
a synopsis and analysis

講演者 コーネル大学ロースクール教授
 W. Bradley Wendel氏

      Professor of Law, Cornell Law School

日時: 9月8日(金) 17:00〜19:00
Date: Friday 8 September 17:00-19:00

場所:名古屋大学 法政国際教育協力研究センター
(CALE ケール)
2階ケールフォーラム

Venue: CALE Forum
at the Center for Asian Legal Exchange(CALE),
Nagoya University

講演言語:英語(通訳あり)
The lecture will be given in English with summary in Japanese.

ウェンデル教授はコロンビア大学大学院で法哲学の博士号を取得、
その知見をアメリカの法律家、とくに弁護士を律する法と倫理の分析に適用し、
めざましい成果を上げている新進気鋭の研究者です。

アメリカの法理論家・実務家双方から注目されるだけでなく、
国際的にも活躍しておられます。

この講演で、教授は二つの点を明らかにします。
1に、アメリカにおける法曹倫理では、今、何が課題となっているのか。
2に、それはなぜか。

この作業を通して、教授は法曹倫理についての学問研究(社会科学的および法哲学的研究)が
干からびた体系化の作業などではなく、現実のアメリカ社会を動かしている諸力の中で
法曹倫理という実践
(practice)がいかなる機能を果たしており、今後、この職業倫理に
さらに何が望まれるのかを明らかにしようとする、活き活きとした営為であることを示すでしょう。
ご参加いただいた皆様のアメリカの法と社会、そして法曹倫理の社会的機能についての理解が深まり、
ひいては、わが国の法実務、あるいは法科大学院での法曹倫理教育への示唆を得る機会となれば、と思います。

   Professor Wendel received his doctorate in philosophy of law at Columbia Law School,
and has applied his knowledge and prowess to the focal issues of legal ethics.
His perceptive work has inspired many and he already has a following in both the world of legal theory
and practice not only in the U.S., but also internationally.

At this Lecture, Professor Wendel will give his views on two issues.
One, what are the key issues discussed amongst the American legal profession?
Why are they the key issues that they are?

The lecture should make it evident that the study of legal ethics in the U.S. is not a lifeless attempt
at exegesis and taxonomy of rules of professional conduct.

His works make it clear that it is an engaging and essential part of the ongoing practice of legal ethics,
which endeavors to clarify the roles the practice plays within the economic and political currents
that define the evolution of American society and its law.

The goal of the lecture is to provide insight into American law and society, and ideas and inspiration
for the practice of law and legal education in Japan.


 

>>2005/12/28
書評掲載のお知らせ

本研究会が主体となって編纂した『法曹の倫理』についての書評が、
『自由と正義』57巻1号(=2006年1月号)に掲載されました。

ニュース

サイト更新情報

トップへ戻る